「生産性が上がると、なぜ、あなたは幸せになれるんですか?」

投稿日:2018.06.17

仕事で名古屋に行く機会があったので、夜は社会保険労務士の仲間と意見交換をし、良い刺激をもらいました。しかし、働き方改革はブームですね。

働き方改革というと、残業を減らすことや、高齢者や育児・介護をしながらでも働ける環境を整備し、労働総量を増やすことに焦点がいきがちですが、私は一人ひとりの仕事の質を向上させることが鍵であり、生産性を上げ、豊かで幸せな人生を実現することがミッションであると捉えています。

さて、皆さんは「生産性が上がると、なぜ、あなたは幸せになれるんですか?」の問いに答えられますか。

その答えを見つけて、自律的に働き方改革に取り組まない限りは、満足いくような成果は表れないのではないでしょうか。自らの経験を振り返っても、「なぜ、受験勉強をするのか?」「なぜ、毎日ハードなトレーニングをするのか?」「なぜ、そこまでこのプロジェクトにこだわるのか」そこにはいつも自分なりの答えやゴールがあった。だから、昨日より今日、今日より明日と邁進することができたのだと思います。

そう考えたら、働き方改革の本質は己の改革。「幸せ」という抽象的な言葉の塊をくだいて、「幸せ」について、自分らしく語れるようになることが第一歩のように思います。

これからは先の見えない時代と言われています。だからこそ環境にあわせて絶えず変化し、自分らしい幸せを実現するためには、自ら考えて行動する自律する力こそが不可欠ではないでしょうか。意識ではなく、まずは行動。数日前から毎日PDCAを回すため、ノートを書くことにしました。1年続けた後の自分の姿が楽しみです。笑