2018富士山ビジネス合宿フォローアップ研修

投稿日:2018.11.25

11月22日にフォローアップ研修を開催しました。この研修の目標は、富士山開山にあわせて開催した2018富士山ビジネス合宿を振り返り、合宿後、職場で「取り組めていること」「取り組めていないこと」について意見交換を行い、明日からの行動を変える機会とすることとしました。

約4カ月ぶりに再会した皆さんの印象はそれぞれ違いました。業務知識を身につけ、場数を重ね、自信が表情にまであらわれている方。難易度の高い仕事の壁にぶつかり、日々葛藤を繰り返している方。自信と葛藤が混ざり合いながら、何とか前進しようとしている方など。
ただ、一人ひとりが置かれた環境や気持ちは異なるものの、「一生懸命働いているぞ!」という熱は全員からひしひしと伝わってきました。

本研修の意見交換の中で出られた参加者の意見を少しご紹介いたします。
【1:研修で学んだ中で取り組めていること】
・PDCAノートを職場の部下とペアでつくり、一緒に振り返りをすることを習慣化している。
・これまでは先輩に遠慮し、自分の意見を手放してしまう「ノン・アサーティブ」な傾向があった。今はアサーティブを目指し、新しいことでわからない
ことは、多少「アグレッシブ」気味に聞くよう努めている。
・インバスケットカードゲームにおいて「傾聴力」が発揮できていないことを認識したため、相手の話を最後まで聴くよう心がけている。

【2:取り組もうと思いながら、取り組めていないこと】
➀具体的な目標設定ができていない。
②言うべきだと分かっていながらも、自分の意見を手放してしまう。
③アサーティブなコミュニケーションを心がけているが、相手との考え方が想像以上に違うため、頻繁にコミュニケーションエラーが発生する。

【3:2は何があれば解決できるか】
➀「余裕」
仕事を覚えると余裕が生まれ主体性があらわれる。主体性があれば目標が自分事になり、具体的なイメージが描けると思う。
②「勇気」
大切なことは相手に嫌われてでも伝える。嫌われても良いという勇気を持つことが必要だと思う。
③ 「他者理解」
自分と他人が違うことを受け入れることが必要。そのためには、自己理解が重要なのではないか。

研修終了後は懇親会を開催、同じ鍋を囲みながら色んな話をしました。
翌日、参加者から頂いた御礼のメッセージに刺激を受けました。「昨日はありがとうございました。目に見えない意識ではなく、今日からは行動を変えていきます!」

私も絶えず変わり続けていこうと思います。