「社会保険労務士」とは

投稿日:2018.04.15

前職時代からお付き合いのある皆様から少しずつお仕事に関するご相談をいただき、おかげさまで、慌ただしい日々を過ごすことができています。

その中でも、「すでに運用している就業規則を見直したい。」「助成金の申請に伴い就業規則の作成をお願いしたい。」といった相談を多くいただいております。

就業規則とは労働基準法に基づき、労働者が就業する上で守らなくてはならないルールを定めた規則です。今後は、一億総活躍社会実現に向けて働き方改革が進むと予測されており、多様な働き方を支え会社と労働者を守る役割を担う就業規則は、より一層重要視されていくはずですので、しっかりと対策しておきたいと思います。

週末は、静岡県社会保険労務士会の富士支部の総会に出席しました。私も社労士デビューを果たしたという気持ちになることができました。笑

素敵な先輩社労士の皆様との出会いをいただき、色んなお話をさせてもらいましたが、やはり一人ひとり専門分野や仕事の仕方は異なっており、社会保険労務士は一言では語れない職業であることを再認識しました。大切なのは社労士の資格を活用し、何を成すかということだと思います。帰宅すると、高校時代に一緒にサッカーボールを追いかけた仲間から素敵な花が届いていました。大切にしよう。

静岡県社会保険労務士会 富士支部総会
同級生からのお花